三浦佳生の家族構成!親の職業や実家は金持ちなのか調査!

三浦佳生(みうら かお)さんといえば、日本男子フィギュアスケート界でも話題になっている選手ですよね。

そんな三浦佳生はご両親はどんな人で、家族構成が気になる人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は三浦佳生さんの家族構成やご両親の職業、そして実家は金持ちだという噂についてご紹介します。

スポンサーリンク

三浦佳生の家族構成

三浦佳生の家族構成まとめ

三浦佳生さんの家族構成は明かされていません
しかし父親と母親がいる可能性は高いため、3人以上の家族なのではないでしょうか?

・父親
・母親
・三浦佳生さん
残念ながら三浦佳生さんの家族構成について明かしている情報は一切ないため、兄弟がいるのかも定かではありません。しかし今後の活躍によって注目されていくと思われるため、インタビューなどで家族に関する情報が分かるかもしれないですね。

三浦佳生の弟はスケート選手の三浦琉生?

家族に関することは不明の三浦佳生さんですが、ネット上では弟がいるのではないかという噂も。

どうやら2021年に行われた中部選手権ノービスB男子に出場した選手が、名前が似てるという理由から血縁関係を疑われていたそうです。


気になる名前は三浦琉生(みうら るい)さんというらしく、三浦佳生さんとは一文字違いの名前であることが分かりました。しかし三浦琉生さんの活動場所は名古屋のため、愛知県内に居住している可能性が高いのではないでしょうか?

三浦佳生さんは東京都出身ですし、2人に関しては兄弟ではなく赤の他人だと考えられますね。

スポンサーリンク

三浦佳生の両親の職業は?

三浦佳生の両親の職業は不明だった!

家族に関する情報を明かしていない三浦佳生さんですが、ご両親の職業についても明かされていませんでした。

ちなみにフィギュアスケート選手は家族から影響を受けたという人もいるそうですが、三浦佳生さんも同じくご両親に影響されたのでしょうか?そこで調査してみた結果、フィギュアスケートを始めたのは母親がイケメンのフィギュアスケート選手が好きだったことがきっかけだそうです。

スケートとの出会いは4歳だった。東京・明治神宮外苑アイススケート場で、夏の短期教室を受講した。

「母親がフィギュア好きというか…イケメン好きだったんです。(07年世界選手権金メダルの)ジュベールのファンでした。」

引用元:日刊スポーツ

母親が好きな選手というのが、フランスのフィギュアスケート選手であるブラジュイアン・ジュベールさんでした。そんなイケメンに釘付けだった母親の影響で、三浦佳生さんもフィギュアスケートを始めていたんですね。

スポンサーリンク

三浦佳生の実家の場所は東京都で金持ちだった?

実家の場所は東京都の可能性が高い

残念ながら家族に関する情報は分からない三浦佳生さんでしたが、実家の場所は東京都にあるのではないかと考えられます。

というのも三浦佳生さん自体が東京都出身で活動拠点も大きく変わっていないため、実家から通える範囲で練習をしているのではないでしょうか?ちなみに三浦佳生さんの所属クラブはオリエンタルバイオ株式会社で、東京都中央区に本社がある健康食品販売の会社でした。

このことからも、やはり東京都に在住しているのではないかと考えられますね。

三浦佳生の実家は金持ち?

家族に関することは謎に包まれている三浦佳生さんですが、実は実家が金持ちなのではないかと言う噂も流れていることが判明しました。

調査をした結果、実家が金持ちというよりフィギュアスケートをしているから金持ちなのではないか?という疑問から噂されていたようです。フィギュアスケートといえばお金がかかるスポーツとしても有名ですが、1人当たり最低でも年間300万円はかかると言われていました。

「トップ選手になると、コーチ代から、衣装代、遠征費などを含めて、1人年間1000万円は掛かると言われます。普通に始めただけでも1人年間最低300万円は必要となる」

引用元:デイリー新潮

そのため三浦佳生さんが何年もの間フィギュアスケートを続けられるのは、ご両親が経済的にサポートしているからなのかもしれません。

そして経済力のある家ということで、実家が金持ちという噂に繋がっていたようですね。実家が金持ちというよりはご両親が高収入の職に就いている可能性が高そうですが、このあたりについても今後明かされるのか注目していきたいところです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は三浦佳生さんの家族構成や実家についてご紹介しました

家族に関する情報は確認出来なかったものの、長年フィギュアスケートを続けているあたりご両親も三浦佳生さんのことを応援しているのではないでしょうか?

まだまだこれからの活躍が期待できる選手のため、今後もぜひ大会でいい成績を残してほしいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。