本田真凛・望結・紗来は5人兄弟?家族構成や親の仕事を調査!

フィギュアスケートや芸能界で活躍する、本田真凛・望結・紗来の3姉妹。

実家が豪邸との噂や、露出の少ない姉と兄の存在も気になります。

今回は、本田姉妹の家族について調査します!

スポンサーリンク

本田真凛・望結・紗来の家族構成は?実は5人兄弟だった。

(引用元:Instagram)

本田姉妹の家族構成は?

田家の家族構成は、父、母、長女、長男、次女(真凛)、三女(望結)、四女(紗来)の7人です。

(引用元:girlschannel)

長男と3姉妹(真凛、望結、紗来)は、フィギュアスケート経験者です。

また、3姉妹(真凛、望結、紗来)は、CMやバラエティー番組などのメディア出演もしています。

(引用元:Instagram)

本田家の実家が豪邸?

本田家の自宅は京都府にあり、「豪邸ではないか?」と噂されています。

こちらの写真には、実家の庭と思われる場所が映っています。

(引用元:Instagram)

また、姉妹のInstagramには、自宅の庭にあるスペースでストレッチをする様子をアップしいます。

(引用元:Instagram)

綺麗な芝生や、広々とした空間があるように見えます。

本田姉妹のYouTube動画では、キッチンが映っていました。

(引用元:YouTube)

白を基調とした、清潔感のある台所ですね。

さらに、自宅には、広さ40㎡のトレーニングルームがあるそうです。

(引用元:ロジエムービー)

本格的なトレーニング用具もそろっているようです。

子どもたちのためとはいえ、ご両親の献身的なサポートがすごいですね。

本田家の長女は?

本田家の長女は、「本田真帆(まほ)」さんというそうです。

真帆さんは、メディアに顔出しをしていません。

おそらく、「社会人として働いているのではないか?」と言われています。

また、兄弟は全員3つづつ歳が離れているとのことで、真帆さんは今年27歳の年だと思われます。

また、次女・真凛さんがスケートの試合後にカメラに向かって、

真帆ちゃん、太一、望結、紗来」

(引用元:YouTube)

と呼びかけたことがありました。

本田家の、下の4人の兄弟たちはフィギュアスケートをしています。

(引用元:Instagram)

兄弟たちがスケートを始めたきっかけは、家族でスケートリンクに遊びに行ったことだそうです。

しかし、長女の真帆さんだけは、スケートを始められなかったようです。

長女(当時8歳)は年齢的にスケートを始めるには遅いと言われたため、長女だけスケートの世界に入ることはできなかったという。(引用元:Wikipedia)

三女・望結さんは、「週1回、福岡にゴルフレッスンを受けに行っている」と発言していました。

(引用元:Instagram)

本田家は、フィギュアスケートだけでなく、様々なスポーツや習い事に取り組める環境のようです。

真帆さんも、何かしらスポーツや習い事をやっていた可能性があります。

本田家の長男は本田太一

本田家の長男は、本田太一さんです。

5歳から大学卒業までの17年間、フィギュアスケートをやっていました。

(引用元:Instagram)

2021年3月に、関西大学を卒業しています。

関西大学中等部に入学してから、10年間を過ごしたそうです。

(引用元:Instagram)

大学卒業時には、学部成績優秀者として表彰もされたそうで、まさに文武両道ですね。

現在は、「日本M&Aセンター」という会社で働いています。

(引用元:日本M&Aセンター)

こちらは、地方銀行や信用金庫などのネットワークを構築する会社だそうです。

現在、太一さんは実家を出て、東京で一人暮らしをしています。

(引用元:YouTube)

本田姉妹のYouTubeでは、お正月に実家に帰って家族と過ごしている様子が見られました。

本田望結は兄のことが好き?

次女・望結さんは、長男の太一さんのことが大好きなんだそうです。

(引用元:Instagram)

テレビ番組「メレンゲの気持ち」に出演した際、兄に対する思いを語っていました。

憧れというかタイプ。もう優しいってか、私の理想の”ちょっと冷たい”んですよ」

お兄ちゃんみたいな人と結婚したい

「(お兄ちゃんに彼女ができたら)3日間くらい寝込むと思います

(引用元:narinari.com)

太一さんは望結さんにとって、恋愛対象になる男性の理想的なタイプのようです。

(引用元:Instagram)

また、太一さんは「望結の好きなところは?」という質問に、

「おれのことほんまに好きそうなところ。ちょっとガチなところが好き。たまに怖いけど…。」(引用元:YouTube「本田姉妹やで」)

と答えています。

望結さんは、Instagramで太一さんとの2ショットをよく投稿しています。

(引用元:Instagram)

スポンサーリンク

本田真凛・望結・紗来の両親は何してる?

(引用元:Instagram)

本田姉妹の父親は何してる?

本田家の父は、本田竜一(りょういち)さんだそうです。

(引用元:ロジエムービー)

竜一さんは、子どもたちと「なんでも一緒にやる」というのがポリシーだと話しています。

子どもが受けるレッスンを、何でもじっと見守り続け、子どもとの一体感を大切にしています。一緒に子どもとの時間を過ごすと、いいタイミングでアドバイスができます。(引用元:mamapicks)

習い事に同行して、子どものために多くの時間を使ってきたことがわかりますね。

(引用元:Instagram)

竜一さんは、自身の父親(本田姉妹の祖父)の会社の役員をしているそうです。

竜一さんは長男ですが、子どもたちの教育に時間を使うため、弟が家業を継いだそうです。

四女・紗来さんは、「一番幸せを感じる時は?」という質問に、

紗来とパパ、手を繋いでお散歩したり、買い物に行きながら喋ること」(引用元:YouTube「本田姉妹やで」)

と答えています。

子どもたちとの関係性もとても良好なようですね。

また、三女・望結さんは、

(引用元:Instagram)

「(スケートを)初めはお父さんに教えてもらっていた」(引用元:YouTube「本田姉妹やで」)

と発言しています。

竜一さんも、幼少期にフィギュアスケートの経験があるそうです。

本田姉妹の母親は何してる?

本田家の母親は、本田真紀(まき)さんというそうです。

(引用元:Twitter)

仕事はしておらず、専業主婦だと言われています。

子どもたちが小さい頃は、スケートの練習場への送迎や、試合・合宿の同行などもしていたそうです。

(引用元:Twitter)

真紀さんが5人の子育てをする中で、ずっと貫いてきたことについて話しています。

子どもがやりたいことは、何があっても応援してあげる。口出しもアドバイスもせず、したいようにさせる。一度決めたことは、決して曲げずに貫くことです。」(引用元:mamapicks)

実際に「何があっても応援する」というのは、親としてもなかなか難しいことだと思います。

自身の時間やお金を与え、子どもの人生を優先する強い思いが感じられます。

(引用元:AIKRU)

また、真紀さんは、食に関わる資格を複数持っているそうです。

・野菜ソムリエ

・アスリートフードマイスター

・チーズソムリエ

・日本酒スペシャリスト

・ファスティングコンサルタント

「まき飯」というInstagramアカウントで、日々の食事を投稿しています。

(引用元:Instagram)

品数も多く、彩りも良くてとても美味しそうですね。

スポーツ選手として活動する子どもたちのため、健康的な食事作りをしているようです。

次女・真凛さんは「両親の好きな所は?」という質問に、

「パパとママがめっちゃ仲良いところが好き」(引用元:YouTube「本田姉妹やで」)

と答えています。

夫婦仲が良いおかげで、大家族でもみんなが仲良く過ごせているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

本田真凛・望結・紗来の祖父の会社は年商20億円?

(引用元:Twitter)

本田姉妹の祖父は、経営者をしているそうです。

経営している会社は、おそらく「丸一商事株式会社」だと言われています。

事業内容としては、精密機器関連の、製造・梱包・輸送すべてを行っているそうです。

祖父は4つの会社を経営しており、年商は20億に及ぶといわれています。

本田家の子どもたちの教育費は、祖父も出しているそうです。

「やりたいことはやらせる」という教育方法も、こうしたサポートがあって可能になっているのかもしれません。

(引用元:YouTube)

フィギュアスケートは、高額な費用がかかることで有名です。

国内で練習し、国内の試合に出場する限りは年間500万円程度

海外で合宿に行ったり、海外の大会に出場したりすれば、軽く年間1000万円は超えていく。(引用元:NEWSポストセブン)

このようなスポーツを、同時に4人に習わせるというのはとても大変なことだと思います。

(引用元:日刊スポーツ)

可愛い孫たちのためなら、教育費を出すこともいとわないのでしょう。

祖父の存在は、本田家の支えになっているようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、本田姉妹の家族について調査しました。

子どもたちの活躍の裏には、両親や祖父による献身的なサポートがあったようです。

これからも、3姉妹全員がフィギュアスケートや芸能界で活躍していってほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!