ウエストランド井口はつまらない?なぜM1優勝できたのか理由を調査!

『M-1グランプリ2022』にて、みごと、激戦を制した2人組お笑いコンビ・ウエストランド。

応募総数7261組のなかから、みごと、日本一の称号を手に入れることができた彼らですが、世間では、なぜ、優勝することができたのだろうか? と、疑問を抱かれているようです。

こちらの記事では、ウエストランドについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ウエストランドがM-1グランプリで優勝!

2001年から2010年に、毎年、放送されていたお笑いの祭典『M-1グランプリ』通称『M1』。

再び、放送が開始された2015年からは毎年12月に放送が行われています。その『M1-グランプリ2022』の第18代王者として、ウエストランドが選ばれました。

ウエストランドについて

ウエストランドとは、河本太さん井口浩之さんによる二人組お笑いコンビです。

以下、それぞれのプロフィールを簡単にご紹介いたします。

プロフィール

・名前:河本太(こうもと ふとし)

・生年月日:1984年1月25日。(39歳)

・出身地:岡山県津山市

・血液型:A型

・コンビ名:ウエストランド(ボケ担当)

プロフィール

・名前:井口浩之(いぐち ひろゆき)

・生年月日:1983年5月6日。(39歳)

・出身地:岡山県津山市

・血液型: B型

・コンビ名:ウエストランド(ツッコミ・ネタ作り担当)

普段は漫才をされているウエストランドですが、『気功が使える男』という、河本太さんが井口浩之さんの鼻に手を翳すだけで一言も言葉を発しないといった一風変わったネタもお持ちのようです。

こちらのネタはテレビなどでも、たびたび、披露されているため、以前に見たことがあるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ウエストランドの井口がつまらない?

一部では、つまらないと言われている井口浩之さんですが、Twitter上のコメントを見てみると、井口浩之さんがつまらないというよりはウエストランドのネタがつまらないといった意見の方が多いように思われます。

しかし、笑いのツボは人それぞれなので『M-1グランプリ2022』で披露された、ウエストランドのネタが面白いと感じた方もいらっしゃるようです。

井口浩之はつまらない?

多くのお笑い芸人の方々が集う『M-1グランプリ2022』にて、第18代王者に輝いたウエストランドのツッコミ・ネタ作り担当である井口浩之さんですが、世間では、厳しい意見を寄せる方も多くいらっしゃるようです。

以下、井口浩之さんに対する世間の声をご紹介していきたいと思います。

こちらは『M-1グランプリ2022』で披露されたウエストランドのネタが面白いと感じた方たちの意見です。

そして、次につまらないと感じた方たちの意見になります。

Twitter上のコメントを見てみると、ウエストランドが行っている毒舌漫才に対して、批判的な意見を寄せる方が多くいらっしゃるようですね。

ウエストランドが行っているネタを他人に対する僻みや妬みと解釈するか、単なる悪口と解釈するかで意見が別れているように思われます。

なかには、ハッシュタグをつけて、ウエストランドや井口浩之さんが嫌いと非難されている方もいらっしゃるようです。

そういった行為こそが単なる悪口にあたってしまうため、絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

ウエストランドはなぜ勝てた?優勝した理由3選!

世間では、つまらないなどと厳しい意見も寄せられているウエストランドですが、なぜ『M-1グランプリ2022』で優勝を手にすることができたのでしょうか。

その考えられる理由を3つご紹介していきたいと思います。

優勝できた理由1:審査員に毒舌漫才師が多いから

以下が『M-1グランプリ2022』の審査員になります。

・松本人志

・中川家 礼二

・立川志らく

・サンドウィッチマン 富澤たけし

・ナイツ 塙宣之

・博多華丸・大吉 大吉

・山田邦子

ご覧通り『M-1グランプリ2022』の審査員は毒舌漫才を行っている方が多いように思われます。

優勝できた理由2:やらせ 

やらせとは事前に打ち合わせなどでことを進めておきながら、自然に起きたかのように装うことを指します。

実際、世間では、ウエストランドの優勝をやらせなのではないか? と、疑う方も多いようです。

優勝できた理由3:毒舌がスカッとしたから

ウエストランドの毒舌漫才を批判的する方もいる一方で、他人からの評価を気にして、今まで、言えなかった不満などを彼らが代弁してくれているかのように感じ、スカッとしたといった意見も多く見受けられました。

こちらの理由は、なにかとストレスを抱えることの多い現代日本の風潮がウエストランドの優勝を手助けしたといったところでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、ウエストランドについてご紹介いたしました。最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。